■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■4/20(日)中山11R 3歳OP 皐月賞(G1) 芝2000m(国際・指定・定量戦)は1着となりました ~クラシック制覇のキセキに酔いしれた、感動の中山遠征編~(イスラボニータ)

 イスラボニータは、4/20(日)中山11R 3歳OP 皐月賞(G1) 芝2000m(国際・指定・定量戦)に蛯名正義騎手(57kg)で、フルゲート18頭立ての1枠2番から出走し、2着馬に1馬身1/4差をつけて1着となり、クラシック初制覇を達成しました!

 蛯名正義騎手は節目となるG1 20勝目を挙げましたが、皐月賞は19回目の挑戦で待望の初勝利。栗田博憲調教師にとっても皐月賞は初勝利で、JRA G1は89年高松宮記念のシンコウフォレスト以来、約15年10か月ぶりのG1制覇となりました。

 そしてサンデーサイレンス産駒の初年度産駒で、種牡馬を事実上引退した父フジキセキにとりましても、最後の世代の産駒で悲願のクラシック初制覇を達成しました。


 レース1週間前から、天気予報では雨が心配されていましたが、当日は雨にたたられず何とか天気は持ってくれました。

 個人的には朝から中山へ繰り出し、イスラボニータ以外にも福島と京都で出走する愛馬の分まで応援馬券を購入して、ターフィーショップ近くの馬券場で福島出走の愛馬を応援。
 その合間にターフィーショップで、ベタにイスラボニータの名前入りボールペンや皐月賞関連グッズを購入。まあめったに無いG1愛馬出走ですし、大切な記念にということで(^_^;。

(記念馬券と関連グッズ)
皐月賞の記念グッズ

 ちなみにレーシングプログラムのタイトルには、
「英雄となるための序章、好敵手を圧倒する軌跡が輝く」
とありました。イスラボニータの父フジキセキの「キセキ」には、「奇跡」「輝石」「軌跡」といった様々な意味が込められていたという事で、それらを連想するキャッチコピーに思わず笑みがこぼれました(^_^;。

 福島2Rを見た後に場内をウロウロして、中山の芝のレースが始まる頃に本馬場の方へ移動。芝マイルの未勝利戦を観戦するも、う~ん馬場傾向はよくわからず。。。とりあえずとんでもなく時計の掛かる重い馬場、という訳では無さそうで一安心か!?

 そのレース後に柵の前あたりを見ますと、関西から写真を撮りに遠征して来られた社台マニアさんを発見。そのお仲間さんと昼休みが終わる頃まで談笑し、その後社台マニアさんが取られていた席を案内いただきそこでひと息。。。

 阪神7Rで愛馬出走があり、スタンド内に入ってモニターで観戦。そこに私の最初の愛馬・ホーカーハリケーンでご一緒で、イスラボニータでもご一緒のリョムさんに声を掛けられて、話の流れでモニター観戦。
 馬群に包まれたくないのか、無理に出していってハイペースの中を先行。長期休養明けにも係らず、いきなり厳しい展開となり(いや自ら持ち込んでしまい)、息が持たず直線は失速…。「う~ん」と唸るばかりで、これまでの過程でかなりの不満が溜まっていますが、とりあえず今は気持ちを切り替えるしかない…。リョムさんとも一旦別れて、再びスタンド席へ行ってひと息入れる。


 そしてパドックを観に、10Rのパドックが始まる頃に席から移動。しかしG1でそのタイミングでは遅すぎました。。。次の11Rを待つ人だらけで、全くパドックの前に入って行けず。。。時間を掛けて、人混みをかき分けて前に行けなくはなかったのですが、そうするとパドックからスタンド側へ移動できず本馬場入場を観れなくなる可能性もありましたので、後方からパドックの周回を眺めることに。

 そしてメインレースのパドックが始まりました。
2014/04/20皐月賞掲示板

 9.11で有名なNHKの手嶋ワシントン支局長…ではなく、今はキャロットの代表取締役会長も、クラブ3頭出しでパドック内に来られてましたね。
手嶋会長

(パドック:ワンアンドオンリー)
パドック:ワンアンドオンリー

(パドック:トゥザワールド)
パドック:トゥザワールド

(パドック:トーセンスターダム)
パドック:トーセンスターダム

(パドック:キングスオブザサン)
パドック:キングスオブザサン

(パドック:ステファノス)
パドック:ステファノス

(パドック:ウインフルブルーム)
パドック:ウインフルブルーム


 そしてイスラボニータもパドックに登場。

 テンションが上がっていないか心配していましたが、逆にノンビリとした歩様で、あちこちよそ見する仕草も多く、まあそれはいつもやる事ですし、リラックス出来ているんだろう…と前向きにとらえる事にしました。
 陣営からは、先を見据えて9合目の仕上げと言われていたように、完全に仕上がり切った雰囲気ではありませんでしたが、それでも全然悪くない印象でしたし、一応力を発揮する出来にあると個人的には感じました。

(パドック:イスラボニータ)
パドック:イスラボニータ
パドック:イスラボニータ
パドック:イスラボニータ
パドック:イスラボニータ
パドック:イスラボニータ
パドック:イスラボニータ
パドック:イスラボニータ
パドック:イスラボニータ
パドック:イスラボニータ


 「止ま~れ~」の掛け声とともに、各馬がそれぞれの場所に止まって、ジョッキーが騎乗へ。イスラボニータは鼻の上あたりを撫でられて気持ちよさそう(^_^;。
パドック:イスラボニータ
パドック:イスラボニータ
 蛯名騎手と栗田先生がイスラボニータのもとへ。
パドック:蛯名騎手

 イスラボニータは蛯名騎手が騎乗する時も特にテンションが上がる事も無く、スムーズに歩き始めました。
パドック:イスラボニータと蛯名騎手
パドック:イスラボニータと蛯名騎手
パドック:イスラボニータと蛯名騎手

 各馬もジョッキーが乗って周回。
(パドック:ロサギガンティア)
パドック:ロサギガンティア

(パドック:トゥザワールド)
パドック:トゥザワールド

(パドック:ウインフルブルーム)
パドック:ウインフルブルーム

(パドック:ワンアンドオンリー)
パドック:ワンアンドオンリー

 イスラボニータは、蛯名騎手が騎乗しても、クビを横に向けたりノンビリムード。
(パドック:イスラボニータ)
パドック:イスラボニータ
パドック:イスラボニータ
パドック:イスラボニータ
パドック:イスラボニータ

 それを見届けてから私も本馬場の方へ移動することに。


(いつも以上の長文のため、これ以降は続きに書いています。また写真は日記の制約の関係で画質を落としています。)


 

 本馬場のあるスタンド側へ移動するも、人が多すぎて身動き取れない状態で、席まで戻れず(>_<)。このまま無理に戻っても、もし勝った場合に集合場所へ行くのに間に合わない可能性も考えられたので、2Fスタンドの通路から観戦することに。。。

 本馬場入場曲は懐かしの「グレードエクウスマーチ」。こちらの方が入場曲としてテンションが上がって好きですね(^_^;。
(本馬場入場:イスラボニータ)
本馬場入場:イスラボニータ
本馬場入場:イスラボニータ
本馬場入場:イスラボニータ
本馬場入場:イスラボニータ

 イスラボニータの返し馬は、リラックスした様子で、かつゆったりとしたペースでキャンターへ。スタンドの方へ顔を向けたままで、走りに集中できているようには見えませんでしたが(汗)、キャンターの歩様が実に柔らかく、この時点で馬群さえ上手く捌ければ十分好勝負に持ち込めると感じました。
 それを感慨深げに眺めながら、レースはまだ始まってないのに「クラシックという、伝統と格式がある、もの凄い大舞台でイスラボニータは走るのかぁ…」と、早くも感動で胸一杯になって目に涙が。。。
(返し馬:イスラボニータ)
返し馬:イスラボニータ
返し馬:イスラボニータ

 社台マニアさんから写真をいただきました。ありがとうございました!
返し馬:イスラボニータ(社台マニアさん撮影)

 返し馬を見届けてからは、それまで余り感じなかった緊張感が一気に全身を覆い、震えが止まらない…(>_<)。

 別にゲンを担ごうとした訳ではありませんが、「頑張れ、イスラボニータ!」と心の中で100回以上叫ぼうと決めて、結局レースが始まる前までに150回以上は叫んでいました(^_^ゞ。
 そうでもしてないと緊張に押しつぶされそうで、後はとにかくスタートを決めて、スムーズな競馬が出来ることを祈るばかり。


 ちなみにこの日のプレゼンターはTOKIOの皆さん。
TOKIOの5人
 そういえばサイン的には、
 ・TOKIO ⇒ 東京 ⇒ 東京コースで重賞2勝 ⇒ イスラボニータ
 ・TOKIO ⇒ 鉄腕ダッシュのDASH島 ⇒ 美しい島(イスラボニータのスペイン語での意味)⇒ イスラボニータ
…との連想で、イスラボニータ好走のフラグが立っていたのかもしれませんね(^_^;。


 そしていよいよスタートが目前に。
スタート直前
 G1のファンファーレと共に歓声が響きますが、それによりイスラボニータのテンションが上がってないか心配に。ターフビジョン越しに見えるイスラボニータは、ややテンションが上がり気味に見えて、「落ち着け~、落ち着け~」と祈るばかり。。。(応援する方が、一番落ち着きがなかったですが(汗))

 ゲートが開いてスタート!
スタート直後
1周目の直線
1周目の直線
 イスラボニータはとりあえず五分に出て、このまま3、4番手あたりに付けて先行するのかと考えていましたが、外枠の馬が先手を取りに次々と外から内に殺到し、イスラボニータは内に閉じ込められる形になり嫌な予感が。。。
(この時にトゥザ騎乗の川田騎手は、イスラボニータを内に閉じ込める事が出来て「シメた!」と思ったそうです。)

 但し1コーナーを入ったあたりでは先行集団のエアポケットになった感じで、そこをスッと外目に出して、包まれる心配がほとんどなく、動きたいときに動けるポジションを確保。
 あとイスラボニータの折り合いも心配の一つでしたが、1周目のゴール板前まではやや行きたがっていたものの、1コーナーに入る時には折り合いも十分についていました。

 向こう正面に入った時には8番手あたりを追走と、想定していたより後ろのポジション。ただ平均ペースくらいには流れていましたし、またイスラボニータ自身スムーズに走れていて、後は何処から動くかが勝負の鍵になりそう。
向こう正面

 3コーナーから4コーナーに入る時に、スッと外目に出してやや仕掛け気味にポジションを上げる。
(後でパトロールビデオを見ますと、内の馬場の悪いところから、ちょうど芝生の色が変わって馬場が良さそうな所を選んでポジション取りをしたようです)

 4コーナーから直線に向いた時に、ちょうど前に居たトゥザが少し外に膨らんで、それに弾き出されたような形で大きく外へ振られましたが、瞬時に体勢を立て直して再びトゥザを目標に外から並び掛ける形に。
4コーナー

 脚色はイスラボニータの方が良く、もうここからは「来いっ、イスラボニータ!来いっ、イスラボニータ!」とひたすら絶叫!
 わずかに先頭に立ったところから、もう一度トゥザが盛り返そうとするのが見えて、「突き放せっ!!」と思わず叫ぶ。イスラボニータは坂を上がったあたりから一気に後続を突き放し、それを見て勝利を確信して、ゴールする前には私は既に感極まって目に涙が溢れて。。。

(最後の直線by社台マニアさん撮影)
最後の直線:イスラボニータ

 ゴールした直後に「よっしゃ~っ!!」と叫んで、直後に「あっ、口取りに行かなければ」と我に返り、人混みで溢れる通路をひたすら「すみません」と声を掛けてかき分けて、ようやく集合場所へ到着。
 集合場所には先に到着していた会員さんがおられて、お互いに喜び合いました。またステファノスの応援に来られていたよしくんにも直接お祝いの言葉をいただきまして、私の方は感極まってほとんど言葉にならず。。。(本当にありがとうございました!)
 その後にランキンさんともお会いでき、がっちり握手してお互い皐月賞制覇を讃えあっていました。

 口取りへ行く際にも、ランキンさんに「社台2頭目でクラシック制覇なんて凄すぎますよ~」とかレースを振り返ったりしながら移動し、そうこうしているうちにウィナーズサークル付近へ。
 その時にイスラボニータが皐月賞のレイを掛けられて、その場を周回中。その姿を観てかなり込み上げてくるものがありました。。。
レース優勝後:イスラボニータ
レース優勝後:イスラボニータ
レース優勝後:イスラボニータ

 馬場の中での口取りでしたが、 栗田先生は「会員さんで無くて私が口取りの真ん中に入っていいのでしょうか?」と端の方へ行こうとされていました。「いやいや、先生が入らないと!」と周りの声に押されて、そして私も「先生が真ん中に入られて当然ですよ」と後押しして、ようやく口取りの手綱を握られました。
 栗田先生のクラシック挑戦という英断が無ければ、イスラボニータがこの場に立つことはありませんでしたし、個人的には中心におられて当然だと思います。

 栗田先生は口取りですぐ横にいたイスラボニータを見て、「強かった…」と何度も繰り返され、また「息の荒さが全く無い」、「もう息が入っている」と、愛馬の様子に驚嘆されて呟かれておられたのが印象的でした。

 その後は騎手と厩舎、牧場関係者の記念撮影。その時は出資者の近くにTOKIOの皆さんがいてそちらでも賑わっておりましたが、私の方はイスラボニータの勇姿を心に刻みつけようと、感動にふけりながらずっと眺めていました。。。


 そういえば、この日はラジオNIKKEIの中野雷太アナウンサーがレース実況されていましたが、ゴール後の「無念のリタイアから19年、ついにフジキセキの子供が、クラシック・皐月賞を制しました!」のフレーズはとても痺れました!!!

 父フジキセキはサンデーサイレンスの初年度産駒で、デビューして4戦ともに圧倒的な競馬を見せるも、皐月賞トライアル・弥生賞を制した後に重度の屈腱炎を発症し、4戦4勝の無敗のまま引退…。幻の三冠馬と呼ばれながらも、種牡馬としては全盛期だった偉大な父を前になかなか良い繁殖に恵まれず、なかなかG1馬を輩出することが出来ませんでした。

 G1を勝利した産駒でも、ダートやマイル以下の短距離に集中していましたし、クラシックを好走する産駒はいても2,3着まで。。。そうこうしているうちに、種牡馬としては腰を痛めて種付けを行える状態ではなく、事実上引退状態。。。
 今年の3歳世代が実質ラストクロップで、悲願のクラシック制覇を果たせるかは今年がラストチャンスでした。その最後の世代でクラシック制覇を果たして、父の名前通りまさに「キセキ」を起こしてくれました!

 父フジキセキというだけで、「大レースでは底力が足りない」「血統的にクラシック制覇は無理」と散々陰口を叩かれましたが、低評価を見事覆して結果を出してくれたことを本当に嬉しく思っています。
 レース後に父フジキセキを応援していた方々の熱い想いをネットなどで拝見して、本当に胸が熱くなりました。「色んな人の想いを背負って走ってたんだなぁ…」と、改めて皐月賞制覇の重みを感じつつ、応援していただいた皆様にただただ感謝するばかりです。

 ちなみに共同通信杯優勝馬の皐月賞制覇は過去4頭(1975年カブラヤオー、1983年ミスターシービー、1994年ナリタブライアン、2012年ゴールドシップ)いますが、いづれも日本ダービーか菊花賞を制してクラシックを二冠以上達成しているとの事ですので、是非ともイスラボニータも偉大なる先輩達に続いてもらいたいですね。


 あとこれまで何度か触れていますが、個人的には馬名応募で「ラ・イスラ・ボニータ」(母名イスラコジーンからの連想と、ベタにマドンナの名曲を絡めて(^_^;、意味は同じで「美しい島」)で応募した事から、多分「イスラボニータ」で応募された方を後押ししたのでは…と勝手に「準命名馬」と考えています。ただ一部ご指摘のように「ボニータ」だと女性名詞なんですよねぇ…(>_<)。

 思慮が足りなくその点は後悔しなくもありませんが、まあ人間でも、女性みたいな名前の男性も世の中にはおられますし(汗)、最終的に選んだのはクラブだし…と半分開き直っています(大汗)。それに馬名審査もそれで通りましたからねぇ。。。と言い訳しまくっております(^_^ゞ。


 レース後に蛯名騎手は「チーターみたいだ」と評されていましたが、イスラボニータのレースをきちんと見られている方なら、新馬戦の時から見せていた類い稀なる柔軟性(特に前脚がほぼ水平まで上がる可動域の広さ)に気付かれていたと思います。
 まだ最初は脚の回転がゆったりとしたものでしたが、レースを重ねる毎に鋭さも増していきましたし、その中でもストライドの広さは保ったままであの独特の走りを披露しています。

 最後の直線でも、手前をコロコロ替えてフワフワした感じで遊んでいましたし、レース後もすぐ息が入っていたようにまだまだ本気で走っていない印象です。
 そして今回蛯名騎手は差しに回りましたが、目先の皐月賞で勝つには先行した方が有利だが、ダービーを見据えた場合は前へ行かせたくはなく、届かないことも覚悟で中団から進める競馬を選択した旨の話が漏れ聞こえてきました。今回だけではなく、次につながる競馬が出来たのも大きな収穫でしたね。


 個人的には、一口馬主としてデビュー戦となった2008年11月16日に、愛馬・ホーカーハリケーンで新馬勝ちに導いていただいたのが蛯名騎手で、そのちょうど5年後の全く同じ日の2013年11月16日に東京スポーツ杯2歳Sでクラブで初の重賞制覇も蛯名騎手で運命を感じ、イスラボニータについても漠然とですが、いづれ大きい所を獲れると確信していました。
 そしてクラシック初制覇も蛯名騎手に導いてもらい、とても感慨深いものを感じています。これからも夢の続きを見せてもらえそうですし、とにかく無事に進んでくれることを願っています。


 最後になりましたが、栗田先生はじめ厩舎スタッフの皆様、見事な手綱捌きで皐月賞制覇に導いていただいた蛯名正義騎手、そして放牧や育成でイスラボニータがお世話になるなど関わった関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

 また現地や数多くのお祝いメール、日記でコメントをいただきました皆様にも感謝申し上げます。
 そして何より、イスラボニータ最高のレースと感動をありがとう!そして皐月賞制覇おめでとうございました!


(もし最後までこのまとまりのない長文&乱文を読まれた方がいらっしゃいましたら、どうもありがとうございました&お疲れ様でした。)


スポンサーサイト

■コメント

■Re:4/20(日)中山11R 3歳OP 皐月賞(G1) 芝2000m(国際・指定・定量戦)は1着となりました ~クラシック制覇のキセキに酔いしれた、感動の中山遠征編~(イスラボニータ) [AITO]

新潟では久しぶりにお会いすることができて嬉しかったです。
クオカードありがとうございました!
さわさわした翌日だかにNIKKEI回避したときには「あぁもうこの人とは会えない・・・」と思ったものですwイスラボニータが共同通信杯で勝ったのを見て心底ホッとしましたよ。
ダービーでもイスラボニータの一ファンとして応援しますね。

■Re:4/20(日)中山11R 3歳OP 皐月賞(G1) 芝2000m(国際・指定・定量戦)は1着となりました ~クラシック制覇のキセキに酔いしれた、感動の中山遠征編~(イスラボニータ) [watachan]

AITOさん、新潟ではお世話になりました。
ようやくクオカードをお渡しできるような愛馬に巡り会えましたので、受け取っていただけると嬉しいです(^_^;。
まあとにかく順調に進んでクラシック制覇まで果たしてくれましたし、ただただ幸運に感謝です。ダービーだけでなく、その先も無事に走ってくれることを願っています。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

watachan

Author:watachan
ブログタイトル:栄光と挫折の狭間で ~一口馬主初心者のひとり言日記~

一口馬主としてひっそりと愛馬を応援するブログです。
(2007年に社台/サンデーTCに入会、2009年末に東京TCに入会しました)

<注意!>
社台サラブレッドクラブ様、サンデーサラブレッドクラブ様、及び東京サラブレッドクラブ様のご好意により、記事・写真の引用/転載の許可をいただいております。
本日記内容の無断転載・複製を禁じます。


※馬齢表記は2013年時点で表示しています。

<2013-05-18現在の愛馬>
◎全体戦績累計
159戦[26-27-14-9-8-75]
[1着-2着-3着-4着-5着-着外]

・勝率  :16.35% (26/159)
・連対率 :33.33% (53/159)
・複勝率 :42.14% (67/159)
・掲示板率:52.83% (84/159)

 全現役出資馬(計13頭)
 4歳 牡馬:1頭、牝馬:2頭
 3歳 牡馬:3頭、牝馬:5頭
  2歳 牡馬:4頭、牝馬:1頭


<クラブ別戦績/現役出資馬>

○社台TC愛馬戦績累計
戦績:[8-12-7-0-4-24]
 社台TC現役出資馬
 3歳 牝馬:1頭
 2歳 牡馬:1頭
 (馬主:社台RH)


☆ウインドクラスト 牝3
(ウィンドサイレンスの10)
欧字馬名:Wind Crust
意味:強い風により雪が固く凝固したもの
父 :スペシャルウィーク
母父:A.P.Indy
生年月日:2010/01/26生
生産:社台ファーム
馬主:社台RH
戦績:[1-1-2-0-1-1]500万下
所属:栗東 松元茂樹厩舎
滞在先:グリーンウッド
前走:
次走:未定
近況:
(馬体重:432kg@10/13時点)

★イスラボニータ 牡2
(イスラコジーンの11)
欧字馬名:Isla Bonita
意味:美しい島(西)
父 :フジキセキ
母父:Cozzene
生年月日:2011/05/21生
生産:白老ファーム
馬主:社台RH
戦績:[0-0-0-0-0-0]新馬
所属:美浦 栗田博憲厩舎
滞在先:美浦TC
次走:6/2(日)東京5R 2歳新馬 芝1600m戦に蛯名騎手で出走・デビュー予定。
近況:
(馬体重:468kg@4/13時点)


○サンデーTC愛馬戦績累計
戦績:[0-0-1-1-0-9]
サンデーTC現役出資馬
 3歳 牝馬:1頭
 2歳 牡馬:1頭
(馬主:サンデーR)


☆レイヌドネージュ 牝3
(イルネージュの10)
欧字馬名:Reine de Neige
意味:雪の女王(仏)
父 :フジキセキ
母父:トニービン
生年月日:2010/03/23生
生産:追分ファーム
馬主:サンデーR
戦績:[0-0-1-0-0-4]未勝利
所属:美浦 菊沢隆徳厩舎
滞在先:美浦TC
前走:
次走:未定
近況:
(馬体重:487kg@4/27時点)

★ツィンクルソード 牡2
(ツィンクルブライドの11)
欧字馬名:Twinkle Sword
意味:輝く剣(英)
父 :デュランダル
母父:Lyphard
生年月日:2011/03/25生
生産:ノーザンF
馬主:サンデーR
戦績:[0-0-0-0-0-0]新馬
所属:栗東 松永昌博厩舎
滞在先:栗東TC
次走:6/2(日)阪神5R 2歳新馬 芝1200m戦もしくは6/8(土)阪神5R 2歳新馬 芝1200m戦(混合戦)に福永騎手で出走・デビュー予定。
近況:
(馬体重:506kg@4/5時点)



○東京TC愛馬戦績累計
戦績:[18-15-6-8-4-41]
東京TC現役出資馬
4歳 牡馬:1頭、牝馬:2頭
3歳 牡馬:3頭、牝馬:3頭
2歳 牡馬:2頭、牝馬:1頭
(馬主:東京HR)


☆レッドクラウディア 牝4
(シェアザストーリー09)
欧字馬名:Red Claudia
意味:冠名+人名
父 :アグネスタキオン
母父:コマンダーインチーフ
生年月日:2009/04/04生
生産:ノーザンファーム
馬主:東京HR
戦績:[4-2-2-1-0-2]OP
所属:栗東 石坂正厩舎
滞在先:NFしがらき
前走:4/3(水)船橋11R 3歳上オープン マリーンカップ(JpnIII) ダート1600m戦(別定・牝馬限定戦)に内田博幸騎手で出走し2着
次走:7/3(水)川崎11R 3歳上オープン スパーキングレディカップ(JpnIII) ダート1600m戦(別定・牝馬限定戦)を目指す予定
近況:
(馬体重:476kg@7/4時点)

★レッドバビロン 牡4
(マニエラ09)
欧字馬名:Red Babylon
意味:冠名+レゲエのパトワ語で「権力を持つ者」
父 :ネオユニヴァース
母父:フォーティナイナー
生年月日:2009/04/30生
生産:社台F
馬主:東京RH
戦績:[1-1-0-0-1-8]500万下
所属:栗東 角居勝彦厩舎
滞在先:グリーンウッド
前走:
次走:未定
近況:
(馬体重:496kg@11/18時点)

☆レッドガナドーラ 牝4
(ゾフィー09)
欧字馬名:Red Ganadora
意味:冠名+勝利者(西)。
父 :バーナーディニ
母父:Hawkster
生年月日:2009/01/15生
生産:アメリカ
馬主:東京HR
戦績:[2-1-0-0-0-2] C2
(内大井)[2-0-0-0-0-0]
所属:美浦 国枝栄厩舎
⇒大井 荒山勝徳厩舎
⇒美浦 国枝栄厩舎
滞在先:ミホ分場
前走:
次走:未定
近況:
(馬体重:522kg@9/22時点)
6/30:520kg、5/31:528kg、

☆レッドセイリング 牝3
(チャールストンハーバー10)
欧字馬名:Red Sailing
意味:冠名+出航、航海。
父 :ゼンノロブロイ
母父:Grindstone
生年月日:2010/03/01生
生産:ノーザンファーム
馬主:東京HR
戦績:[1-0-0-0-0-1]500万下
所属:栗東 藤原英昭厩舎
滞在先:栗東TC
前走:
次走:未定
近況:
(馬体重:529kg@9/14時点)

☆レッドジゼル 牝3
(スタイルリスティック10)
欧字馬名:Red Giselle
意味:冠名+バレエ音楽
父 :アグネスタキオン
母父:Storm Cat
生年月日:2010/03/13生
生産:ノーザンファーム
馬主:東京HR
戦績:[2-1-0-2-1-0]OP
所属:栗東 笹田和秀厩舎
滞在先:NFしがらき
前走:
次走:未定
近況:

★レッドサクセサー 牡3
(オールザチャット10)
欧字馬名:Red Successor
意味:冠名+後継者。
父 :シンボリクリスエス
母父:Westminster
生年月日:2010/05/04生
生産:坂東牧場
馬主:東京RH
戦績:[1-3-0-0-1-1]未勝利
所属:栗東 角居勝彦厩舎
滞在先:アカデミー
前走:
次走:未定
近況:
(馬体重:522kg@12/27時点)

★レッドフェンサー 牡3
(マジックコード10)
欧字馬名:Red Fencer
意味:冠名+剣士、剣客。
父 :デュランダル
母父:Lost Code
生年月日:2010/04/10生
生産:社台ファーム
馬主:東京RH
戦績:[0-0-0-0-0-1]未勝利
所属:栗東 音無秀孝厩舎
滞在先:グリーンウッド
次走:未定
近況:
デビュー戦はタイムオーバーで…
(馬体重:490kg@11/19時点)

★レッドオーディン 牡3
(リンガフランカ10)
欧字馬名:Red Odin
意味:冠名+北欧神話の最高神。
父 :ジャングルポケット
母父:サンデーサイレンス
生年月日:2010/01/24生
生産:ノーザンファーム
馬主:東京RH
戦績:[0-1-0-1-0-0]未勝利
所属:美浦 大竹正博厩舎
滞在先:NF天栄
次走:6/16(日)東京6R 3歳未勝利 芝2400m戦に出走予定
近況:
(馬体重:447kg@11/15時点)

☆レッドサーガ 牝3
(プラウドビューティー10)
欧字馬名:Red Saga
意味:冠名+女神。
父 :アグネスタキオン
母父:Danehill
生年月日:2010/04/19生
生産:社台ファーム
馬主:東京HR
戦績:[0-0-0-0-0-1]未勝利
所属:栗東 石坂正厩舎
滞在先:栗東TC
前走:
次走:未定
近況:
(馬体重:478kg@5/11時点)

★レッドレギオン 牡2
(ダラバンカ11)
欧字馬名:Red Legion
意味:冠名+軍団。
父 :キングカメハメハ
母父:In the Wings
生年月日:2011/02/16生
生産:社台ファーム
馬主:東京RH
戦績:[0-0-0-0-0-0]新馬
所属:美浦 藤沢和雄厩舎
滞在先:美浦TC
前走:
次走:未定
近況:
(馬体重:470kg@5/23時点)

☆レッドリヴェール 牝2
(ディソサード11)
欧字馬名:Red Reveur
意味:冠名+夢見る人(仏)
父 :ステイゴールド
母父:Dixieland Band
生年月日:2011/02/19生
生産:社台ファーム
馬主:東京HR
戦績:[0-0-0-0-0-0]新馬
所属:栗東 須貝尚介厩舎
滞在先:栗東TC
前走:
次走:6/23(日)阪神5R 2歳新馬 芝1800m戦(外回り・混合戦)に岩田騎手で出走・デビュー予定
近況:
(馬体重:441kg@4/25時点)

★レッドグルック 牡2
(クラシカルテースト11)
欧字馬名:Red Gluck
意味:冠名+ドイツの作曲者。
父 :メイショウサムソン
母父:サンデーサイレンス
生年月日:2011/04/26生
生産:社台ファーム
馬主:東京RH
戦績:[0-0-0-0-0-0]新馬
所属:美浦 手塚貴久厩舎
滞在先:美浦TC
前走:
次走:未定
近況:
(馬体重:490kg@5/15時点)



<引退した愛馬達>

<メモリアルホース>
☆ホーカーハリケーン 牝
(ワールウインドの06)
欧字馬名:Hawker Hurricane
意味:英国で設計された戦闘機名
父 :ネオユニヴァース
母父:Leading Counsel
生年月日:2006/02/03生
生産:社台ファーム
馬主:社台RH
全戦績:[4-4-3-0-2-11] 準OP
所属:栗東 加用正厩舎

☆ネヴァーフェイド 牝6
(ティルザリヴァーランズドライの07)
欧字馬名:Never Fade
意味:けっして色あせない
父 :ステイゴールド
母父:Irish River
生年月日:2007/05/12生
生産:白老ファーム
馬主:社台RH
全戦績:[3-7-2-0-1-6]1000万下
所属:栗東 藤岡健一厩舎


★レピュテーション 牡
 (サイエンスアカデミーの06)
 社台RH
 父 :War Chant
 母父:Silver Hawk
 2007/01/17生
 生産:追分ファーム
 全戦績[0-0-0-0-0-0] 引退
 栗東 矢作厩舎
(GW調教中の骨折で引退…)

☆ヴェレンクラフト 牝
 (レイクミードの06) サンデーR
 父 :クロフネ
 母父:ダンスインザダーク
 2006/01/29生
 生産:追分ファーム
 全戦績[0-0-0-0-0-3] 引退
 栗東 浅見秀厩舎
 (地方交流競走でも大敗で…
  名古屋競馬に移りました)

☆レッドマシェリ 牝
 (ダラバンカ07)
 欧字馬名:Red Ma Cherie
 意味:冠名+愛しい人(仏)
 父 :Gone West
 母父:In the Wings
 2007/01/14生
 生産:社台ファーム
 馬主:東京HR
 戦績[0-0-0-0-0-3] 引退
 栗東 藤原英昭厩舎

☆レッドディーヴァ 牝
 (アーティストチョイス08)
 欧字馬名:Red Diva
 意味:冠名+歌姫
 父 :ディープインパクト
 母父:Giant's Causeway
 2008/02/11生
 生産:ノーザンファーム
 馬主:東京RH
全戦績[0-0-0-0-0-0]未出走
 美浦 勢司和浩厩舎

☆スウェージー 牝
(ダンスティルドーンの08)
欧字馬名:Swasey
意味:小惑星の名
父 :フジキセキ
母父:Sadler's Wells
生年月日:2008/01/19生
生産:白老ファーム
馬主:社台RH
全戦績:[0-0-0-0-0-6]未勝利
所属:美浦 尾関和人厩舎

☆レッドシャンデル 牝
(アイアンブリッジ08)
欧字馬名:Red Chandelle
意味:冠名+ローソクの炎(仏)
父 :ネオユニヴァース
母父:トニービン
生年月日:2008/02/23生
生産:新ひだか町上村清志氏
馬主:東京HR
全戦績:[0-0-0-1-0-2]未勝利
所属:栗東 昆貢厩舎

★ソルビアンコ 牡
(ジェシカの08)
欧字馬名:Sole Bianco
意味:白夜の太陽(伊)
父 :クロフネ
母父:トニービン
生年月日:2008/04/24生
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーR
全戦績:[0-0-0-1-0-2]未勝利
所属:栗東 梅田智之厩舎

☆レッドレジーナ 牝
(チケットトゥダンス08)
欧字馬名:Red Regina
意味:冠名+女王(伊)
父 :アグネスタキオン
母父:Sadler's Wells
生年月日:2008/03/07生
生産:社台ファーム
馬主:東京HR
全戦績:[1-0-1-0-0-1]500万下
所属:栗東 藤原英昭厩舎

☆ララルシール 牝
(ラシルフィードの09)
欧字馬名:La La Lucille
意味:ジョージ・ガーシュウィンのブロードウェーデビュー作品名
父 :ジャングルポケット
母父:サンデーサイレンス
生年月日:2009/02/02生
生産:追分ファーム
馬主:社台RH
全戦績:[0-0-0-0-0-0] 未登録
所属:栗東 大久保龍志厩舎

★レッドアンセム 牡3
(インディボールド09)
欧字馬名:Red Anthem
意味:冠名+凱旋歌
父 :リンカーン
母父:A.P.Indy
生年月日:2009/02/05生
生産:社台ファーム
馬主:東京RH
全戦績:[0-0-0-0-0-0]新馬
所属:栗東 音無秀孝厩舎

☆レッドスピリッツ 牝
(ドメーヌ09)
欧字馬名:Red Spirits
意味:冠名+魂
父 :マンハッタンカフェ
母父:Hussonet
生年月日:2009/03/07生
生産:社台ファーム
馬主:東京HR
全戦績:[0-0-0-0-0-1]未勝利
所属:栗東 庄野靖志厩舎
⇒美浦 中川厩舎へ転厩

★レッドブレイゾン 牡4
(タッチフォーゴールド09)
欧字馬名:Red Blazon
意味:冠名+紋章
父 :アグネスタキオン
母父:Mr.Prospector
生年月日:2009/02/10生
生産:社台ファーム
馬主:東京RH
全戦績:[1-1-0-1-0-0]500万下
所属:栗東 橋口弘次郎厩舎

☆レッドデセーオ 牝5
(レミニセントリー08)
欧字馬名:Red Deseo
意味:冠名+欲望(西)
父 :アグネスタキオン
母父:Affirmed
生年月日:2008/02/14生
生産:下河辺牧場
馬主:東京HR
全戦績:[2-5-3-2-1-6]1000万下
   [2-0-0-0-0-1](名古屋)
所属:栗東 庄野靖志厩舎
⇒弥富Tトレセン・角田厩舎
⇒栗東 庄野靖志厩舎

☆レッドマーベル 牝5
(オールザチャットの08)
欧字馬名:Red Marvel
意味:冠名+驚異
父 :シンボリクリスエス
母父:Westminster
生年月日:2008/05/30生
生産:坂東牧場
馬主:東京HR
全戦績:[1-0-0-0-0-12]500万下
所属:栗東 領家政蔵厩舎

最近のトラックバック

カテゴリー

愛馬出走動向


★愛馬出走予定
(出走目標としている日程順)
(2016/06/23時点)


サンデーR アクート 牡3
未勝利
1戦[0-0-0-1-0-0]
・6/25(土)東京4R 3歳未勝利 芝2400m(混合戦)
に☆石川裕紀人騎手(55kg)で出走予定。

ノルマンディー ヴィンセンツイヤー セン5
500万下
19戦[1-1-2-1-0-14]
・7/2(土)福島8R 3歳上500万下 芝1200m(混合戦)
に▲木幡巧也騎手(54kg)で出走予定。

ノルマンディー サビーナクレスタ セン5
500万下
28戦[2-2-4-5-2-13]
・7/3(日)福島12R 3歳上500万下 ダート1150m(混合戦)
に田辺裕信騎手(57kg)で出走予定。

ノルマンディー ピッツネイル 牝5
1000万下/障害OP
28戦[4-0-3-1-1-19]
・7/9(土)福島4R 3歳上障害OP 芝2750m(混合戦)
への出走を目指す予定。

東京RH レッドグルック 牡5
500万下
28戦[1-3-3-5-4-12]
・7/9(土)函館10R 3歳上500万下 八雲特別 芝1800m(混合戦)
に出走予定。

東京RH レッドヴェルサス 牡3
500万下
14戦[1-3-3-4-1-2]
・7/9(土)中京12R 3歳上500万下 ダート1400m(混合戦)
に川田将雅騎手(54kg)で出走予定。

サンデーR シャンタルエット 牝4
500万下
13戦[1-1-0-0-2-9]
・7/16(土)函館7R 3歳上500万下 ダート1700m(牝馬限定戦)
に出走予定。

社台RH イントロダクション 牝5
1600万下
26戦[3-8-3-4-2-6]
・7/16(土)福島11R 3歳上1600万下 安達太良S ダート1800m(混合戦)
を本線に出走予定(その場合の鞍上は横山典弘騎手(55kg))。特別登録は、
・7/9(土)中京11R 3歳上1600万下 白川郷S ダート1800m(混合・ハンデ戦)
から実施する予定。

社台RH シーハリケーン 牡2
OP
2戦[1-0-0-0-0-1]
・7/23(土)中京9R 2歳OP 中京2歳S 芝1600m(混合・別定戦)
に松山弘平騎手(54kg)で出走予定。

社台RH ブライトエピローグ 牝2
未勝利
1戦[0-0-1-0-0-0]
・7/30(土)新潟2R 2歳未勝利 芝1400m(牝馬限定戦)
に戸崎圭太騎手(54kg)で出走予定。

社台RH ナナイロボタン 牝4
1000万下⇒500万下(降級)
9戦[2-1-2-0-0-4]
・7/30(土)新潟8R 3歳上500万下 ダート1200m(牝馬限定戦)
に出走予定。

東京RH レッドリヴェール 牝5
OP
16戦[3-2-0-1-0-10]
・7/31(日)札幌11R 4歳上OP クイーンS(G3) 芝1800m(牝馬限定戦)
を目指す予定。

サンデーR メジャーエンブレム 牝3
OP
7戦[5-1-0-1-0-0]
秋の復帰戦は、
・9/10(土)中山11R 3歳OP 紫苑S(G3) 芝2000m(牝馬限定戦)
を目指す予定。その後はNF天栄への短期放牧を挟んで、
・10/16(日)京都11R 3歳OP 秋華賞(G1) 芝2000m(牝馬限定戦)
を目指す予定。


<<現入厩馬>>
<関西・栗東>
ノルマンディー ラテラルアーク セン5
500万下
23戦[2-1-4-2-1-13]
サンデーR シャンタルエット 牝4
500万下
13戦[1-1-0-0-2-9]
東京RH レッドヴェルサス 牡3
500万下
14戦[1-3-3-4-1-2]
シルク ジュメイラリーフ 牡3
未勝利
3戦[0-0-1-0-1-1]
シルク ディライトクライ 牡3
未勝利
4戦[0-0-0-0-0-4]
ノルマンディー ユメミグサ 牡3
未勝利
7戦[0-0-0-0-0-7]
社台RH シーハリケーン 牡2
OP
2戦[0-0-0-0-0-1]

<関東・美浦>
社台RH イントロダクション 牝5
1600万下
26戦[3-8-3-4-2-6]
ノルマンディー ピッツネイル 牝5
1000万下/障害OP
28戦[4-0-3-1-1-19]
ノルマンディー サビーナクレスタ セン5
500万下
28戦[2-2-4-5-2-13]
ノルマンディー ヴィンセンツイヤー セン5
500万下
19戦[1-1-2-1-0-14]
東京RH レッドグルック 牡5
500万下
28戦[1-3-3-5-4-12]
ノルマンディー ジャストフォーユー 牡4
1000万下
18戦[2-1-4-0-0-11]
ノルマンディー ルグランパントル セン4
1000万下⇒500万下(降級)
15戦[2-2-1-0-0-10]
サンデーR アクート 牡3
未勝利
1戦[0-0-0-1-0-0]
シルク ジョニーハンサム 牡3
未勝利
3戦[0-1-1-0-0-1]


<園田競馬場>
東京RH レッドダニエル 牡5
B1
15戦[1-3-1-1-1-8]


<<放牧中>>
<山元トレセン>
社台RH イスラボニータ 牡5
OP
17戦[6-2-4-0-3-2]
社台RH ブライトエピローグ 牝2
未勝利
1戦[0-0-1-0-0-0]

<ノーザンファーム天栄>
サンデーR メジャーエンブレム 牝3
OP
7戦[5-1-0-1-0-0]
G1レーシング ネバーリグレット 牡3
OP
6戦[2-0-0-1-1-2]

<ノーザンファームしがらき>
サンデーR ツィンクルソード 牡5
1000万下
17戦[3-0-2-1-2-9]
⇒7月の中京後半開催目標
シルク ブロウユアマインド 牡4
500万下
12戦[1-1-1-0-1-8]

<山元トレセン>
東京RH レッドリヴェール 牝5
OP
16戦[3-2-0-1-0-10]

<セグチ千葉RS>
社台RH ナナイロボタン 牝4
1000万下⇒500万下(降級)
9戦[2-1-2-0-0-4]

<宇治田原優駿S>
ノルマンディー ビスカリア 牝4
1000万下⇒500万下(降級)
17戦[2-3-3-1-1-7]
⇒7月の中京開催目標

<松風馬事センター>
ノルマンディー ステイブレイズ 牝5
500万下
18戦[1-0-0-2-0-15]
ノルマンディー エンパイアライン 牝4
未勝利
15戦[0-0-0-2-2-11]

<岡田スタッド>
ノルマンディー マルーンドロップ 牝5
1000万下
27戦[2-3-4-2-1-15]



ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。