■レッドリヴェール(ディソサード11)

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■明日10/19(日)京都11R 3歳OP 秋華賞(G1) 芝2000m(牝馬限定戦)に4枠8番から出走します(レッドリヴェール)

 レッドリヴェールは、明日10/19(日)京都11R 3歳OP 秋華賞(G1) 芝2000m(牝馬限定戦)に福永祐一騎手(55kg)で、フルゲート18頭立ての4枠8番から出走します。


(14/10/16付クラブコメント)
(須貝厩舎)
坂路にて併せ馬で追い切り。
 坂 福永 55.1-39.8-25.5-12.4 仕掛け
外ラインハート強めに0.3秒先着
福永騎手「テンはゆっくり入って、終いの反応だけ確かめてきてほしいとの指示でした。今日は馬場がかなり重く時計のかかる状態でしたが、バランス良く重心もぶれずに真っ直ぐ走れていました。仕掛けてからの伸びも良く言うことのない動きだったと思います」
助手「前回より反応も良かったみたいですし、良い最終追い切りだったと思います。調教後の馬体重は、先週と変わらず418キロでしたので、桜花賞と同じくらいで出走できるのではと考えています。もう体も仕上がりきっているので、明日からは軽めの運動のみでレースに向かう予定です。やることはやってきたので、後はレースまで無事に調整して鞍上に託したいと思います」
※今週19日(日)京都11R秋華賞(GⅠ)に福永騎手で出走が確定しています。



 いよいよ秋の大舞台にリヴェールが挑みます。ただ前哨戦のローズSでは、いくら良化途上とはいえ掲示板すら外しての6着と「惨敗」でしたし、この中間の動きからは前走より良化してはいるものの、本来の出来にはもう一つの印象がぬぐい切れません。。。

 鞍上も変更がありませんし、その鞍上もインタビューで「イチかバチか、とにかく内に突っ込んで…」と早々に手の内を明かすなど、勝負師のかけらも感じられない発言を平然としています。。。
 発言するとしても「違った競馬を」と、作戦を曖昧にした形で言えばいいと思いますが。。。

 あとインタビューの中で「攻めた騎乗をしたい」と耳を疑う発言を平気でする神経って。。。じゃあ過去2走は攻めた騎乗をしてなかったという事でしょうか?

 地方競馬出身で内からでもこじ開ける技術のある戸崎騎手や岩田騎手ならともかく、内に突っ込んでも捌く技術が無い鞍上に内からこじ開ける競馬が出来るんでしょうかね。。。心技体ともに甘く、騎手としての成長が感じられない鞍上に、戸崎騎手や岩田騎手のような攻めた騎乗を求めるのは無理筋のように思えますが。。。幸運にも前がポッカリ空くような展開を願うしかないのでしょうか。。。
 レース前に宣言したので、レースで内に突っ込んで、詰まって負けても責任は持ちませんから…と今から言い訳しているだけにしかみえません。ともかく鞍上には、リヴェールの邪魔だけはしないでほしいと願うばかりですね。


 さて前日売り段階では、単勝7倍台の離れた2番人気となっていますが、新聞等の印からは残念ながら「危険な人気馬」扱いされている印象です。。。

 ローズSで掲示板を外してからの臨戦過程で巻き返した例は少なく、その巻き返した例もローズSは重馬場という特殊条件だったということもあり、本番での巻き返しに疑問をもたれる一因にもなっているようです。
 また馬体が増えず、成長が見られないとの印象も人気を落とす要因でしょうね。。。個人的には馬体よりも、気持ちが切れてしまっている心配が大きいですが…。

 やはり日本ダービーのダメージが尾を引いている印象ですし、しかもその挑戦過程で全く意味の無い鞍上交代をして、ダービーの乗り替わりは勝てないという重みのあるレースを「冒涜」したバチが当たり、今の不振を招いたとしか思えません。。。

 正直厳しい戦いになると思いますが、それでも力を発揮できれば十分好勝負可能と期待していますし、ともかく中途半端な競馬ではなく、リヴェールらしい闘志あふれる走りが出来ることをただただ願っています。

 
 個人的には下半期に入り更に多忙で、また今週も急遽仕事が入って現地に行けなくなり(天皇賞・秋当日だけは何とか都合をつけて行きたいところですがまだ未定…)、TVでリアルタイムですら見れなさそうですが、何とか好勝負に持ち込んでくれることを遠い関東からですが祈っています。

 頑張れ、レッドリヴェール!

スポンサーサイト

■9/21(日)阪神11R 3歳OP ローズS(G2) 芝2000m(牝馬限定戦)に7枠14番から出走します(レッドリヴェール)

 レッドリヴェールは、9/21(日)阪神11R 3歳OP ローズS(G2) 芝2000m(牝馬限定戦)に福永祐一騎手(54kg)で、17頭立ての7枠14番から出走します。


 重賞挑戦ということもあり、各スポーツ紙などでリヴェールの動向を取り上げていただきました。
・リヴェール気性面で成長/ローズS(日刊スポーツ)
・【ローズS】栗東レポート~レッドリヴェール(ラジオNIKKEI)
・リヴェール鞍上も状態に太鼓判/ローズS(日刊スポーツ)
・【ローズS】レッドリヴェール、万全51秒6!(サンスポ)
・【ローズS】レッドリヴェール逆襲へ 楽々先着51秒6 (スポニチ)
・【ローズS】リヴェール急成長で逆襲よ(デイリー)
・【ローズS】レッドリヴェール 追走から馬なりで先着に福永も好感触(東スポ)
・リヴェール先着太鼓判/ローズS(日刊スポーツ)
・【ローズS】レッドリヴェール「貧弱な面がなくなって幅が出てきた」(東スポ)

 春と同様に馬体重の維持に苦心していますが、ここまでギリギリ維持してレースに挑めそうですし、レース当日は何とか420kg台を維持して勝負出来ればと願っています。


 さて最終追いは坂路で愛馬・レッドメアラスとの併せ馬を消化。

 個人的には愛馬同士の追い切りで感慨深いものでしたが、ただメアラスがオーバーペース気味に飛ばしてしまい(メアラスの鞍上・中谷騎手のミスでは…)、それにあわせる形で4F 51.6秒と、陣営の予定以上に時計が出てしまい、そして終い1Fが13.6秒と掛かってしまったのは正直良い追い切りだったとは言えません。。。
 ただ追い切り映像からは最後まで馬なりで、余裕を持って追走できていましたし、9/19(金)も坂路で1Fあたり17.5~15.3秒くらいのラップで軽めを乗られていますので、追い切り後の体調自体は問題なさそうでほっとしています。


 リヴェールにとりまして、ここは秋初戦で本番は次ですが、前走・ダービー12着大敗後の一戦ですし、リズムを崩してないか心配な面がありますので、復帰戦とはいえ何とか恰好はつけてもらいたいですね。

 仕上がり具合としては好勝負できる状態にあると思いますし、後は精神面として走れる状態にあるかが鍵になりそうですが、そのあたりは勝負根性に優れたリヴェールの底力に期待しつつ、秋の大舞台での活躍につながる走りを見せてくれることを願っています。


 頑張れ、レッドリヴェール!

■今週末9/21(日)阪神11R 3歳OP ローズS(G2) 芝2000m(牝馬限定戦)に特別登録しています(レッドリヴェール)

 レッドリヴェールは、今週末9/21(日)阪神11R 3歳OP ローズS(G2) 芝2000m(牝馬限定戦)に特別登録しています。フルゲート18頭立てに対して登録は18頭と除外の心配はありません。なお鞍上は福永祐一騎手を予定しています。


(14/09/10付クラブコメント)
(須貝厩舎)
坂路にて併せ馬で追い切り。
 坂 助手 54.6-39.6-25.5-12.7 一杯
内ショウナンライム馬なりに0.1秒遅れ
助手「今日は後ろから追いかけていきました。相手がかなり動いたのは事実ですが、一杯に追えば併せることはできました。もう態勢は整いつつあり、無理する必要はないですからね。追ってからは瞬時に反応していましたし、体調は変わらず良さそうです。この中間飼い食いがだいぶ戻ってきていて、トモも丸みを帯びてきたように見えます」 


(14/09/11付クラブコメント)
(須貝厩舎)
引き運動の調整。
助手「追い切り後も変わりなく順調です。今朝は厩舎周りの引き運動でしたが、落ち着いて歩けていました。今朝の馬体重は424キロと維持できていました。来週は福永騎手が追い切りに跨る予定ですが、終い反応を確かめる程度で十分だと思います」



 今週末9/20(日)は東西重賞に愛馬出走予定ですが、西の阪神ではレッドリヴェールが秋初戦を迎えます。

 放牧先の山元トレセンでは、馬体重が448kgまで回復しフックラしていましたが、先月8/13(水)栗東トレセンに入厩するとまた馬体重が減り続け、春先とあまり変わらない424kgと馬体の維持に苦心しています。。。

 ステイゴールド産駒ですし小柄な事自体は必ずしもマイナス材料ではありませんが、それでも復帰戦では何とか桜花賞時の馬体重(418kg)は維持してもらいたいところですし、その先の目標である中3週の秋華賞でも410kg台は維持してくれれば…と願うばかりですね。


 さて月曜発売の競馬ブックやギャロップを見ますと、印的にはオークス馬・ヌーヴォレコルトとフローラS勝ちで超良血・サングレアルとの三つ巴の印象ですね。
 その中でもオークス馬が頭一つ抜けた人気になりそうですが、人気はあちらで結果はこちらといきたいですね。

 レッドリヴェールにとりましては、あくまで目標はその次の秋華賞ではありますが、3歳の秋初戦は今後を占う意味でも重要な一戦だと思います。
 牝馬はリズムを崩すと立ち直るまで時間が掛かるケースが多々見受けられますし、特にダービー大敗後で精神面のダメージがないか懸念はありますので、自分のリズムを取り戻せるかがポイントになりそうな気がします。

 心身ともに心配な面はありますが、能力的にはここでも全くひけは取りませんし、力を発揮できれば十分好勝負可能と期待しています。
 まずは無事に、そして秋の飛躍につながる走りができることを今から願っています。

■5/28(水)坂路コースで馬なりに追い切られました(レッドリヴェール)

 レッドリヴェールは、5/28(水)坂路コースで馬なりに追い切られました。また木曜にダービーの枠順が確定し、フルゲート18頭立ての8枠16番から福永祐一騎手(55kg)で出走が確定しています。調教後の馬体重は420kgと、前走出走時(418kg)より+2kgの状態です。



(2014/05/28付クラブコメント)
(須貝厩舎)
坂路にて併せ馬で追い切り。
 福永 53.3-39.9-35.7-12.7 馬なり 追走
内アドマイヤランディ強めに0.2秒先着
福永騎手「全くの馬なりでしたが思いの外時計が出ていたし、追ってやり過ぎないで良かったです。2週前は角馬場から坂路に行くまで少しうるさいところがありましたが、今は落ち着いていてとても良い雰囲気です。中間のゲート練習も問題なかったし、後は無事に輸送をこなしてほしいです」
須貝調教師「単走でやろうかと思いましたが、前に目標がいた方が良いと思い、併せ馬で追い切りました。道中ハミも抜けてリラックスして走れている様子でしたし、完璧な最終調整ができたと思います」
※今週1日(日)東京10R・3歳OP・日本ダービー・芝2400mに福永騎手で出走を予定しています。


(2014/05/29付クラブコメント)
(須貝厩舎)
今週1日(日)東京10R・3歳OP・日本ダービー・芝2400mに福永騎手で出走が確定しています。
厩務員「さすがに昨日の飼い食いは少し落ちましたが、変わらず順調に来ています。今朝の計測で420キロ。中間も飼い葉を食べていたので、先週と同じくらいあってほしかったのですが、稽古も攻めているし、ある程度は仕方ないですね。出発まであと2日あるので(土曜日出発予定)、最後まで飼い葉を調整して、体を少しでも増やして輸送に臨みたいところです。今までで一番順調に調整することができましたし、体調に関しては過去最高の出来と言えると思います」



 ダービー出走予定馬ということもあり、引き続きスポーツ紙で色々と取り上げていただいております。
スポーツ紙
スポーツ紙
 内容は様々ですが、大きく記事になること自体凄い事ですし、やはりダービーは特別ですね。

 さて桜花賞以降、調教自体は比較的順調にこなしてきたかと思いますが、やはり最大の課題は馬体重ですね。。。
 前走から1、2週程度は馬体もすぐ戻り、「このまま430kg台までフックラしてくれれば…」と願っていましたが、ダービーへ向かうためには調教もしっかりこなさないと勝負になりませんし、結果的に現状維持ギリギリの420kgと希望の馬体重まで増やすことが出来ませんでした。。。

 過去には山元トレセンから栗東トレセンまでの輸送で、約20kgも馬体を減らすほど輸送減りに悩まされてきました。これから府中への長距離輸送があることを考慮すれば、現状ではダービー当日に410kg台で踏み止まってくれれば御の字かもしれませんね。。。

 そういう状況もあり、出来るだけコースロスを回避すべく内目の枠がほしかったところですが、よりによって大外枠の16番とは。。。う~ん、このあたりは鞍上乗り替わりをきっかけに、微妙になってしまった流れを引きずってしまったのか…と思ってしまうほど、運の無さを感じてしまいます。。。

 ただ決まったものは仕方がありませんし、「牝馬の福永」と言われるのであれば、これまでの経験をフルに活かしてそれに恥じない手綱捌きを願うばかりです。


 いよいよダービーが、明後日6/1(日)に迫ってきました。

 レッドリヴェールにとりましては、唯一の牝馬、馬体重と厳しい条件での戦いとなりますが、持っているポテンシャルとしてはこのメンバーでもひけを取らないと思いますし、少しでも馬体減りが無く力を発揮出来る状態で出走が叶う事を願っています。

■5/17(水)坂路コースで馬なりに追い切られました(レッドリヴェール)

 レッドリヴェールは東京TC公式HPによりますと、6/1(日)東京10R 3歳OP 東京優駿(日本ダービー)(G1) 芝2400m戦(国際・指定・定量戦)に福永祐一騎手で出走予定です。
 5/14(水)には坂路コースで52.9-38.7-25.6-13.2の時計を馬なりで追い切られました。またフランス・凱旋門賞の一次登録(日本馬は計6頭)を済ませています。


(14/05/07付けクラブコメント)
(須貝厩舎)
坂路1本の調整。
 坂路 64.8-47.8-31.7-15.8 馬なり
厩務員「この中間も順調に調整しています。先週末の計測は426キロで増減はありませんでしたが、飼い食いは引き続き良いです。以前は毎回半分以上残していましたが、4回飼い葉のうち1~2回は完食しています。馬房でもトモを休ませることなく4本脚でしっかり立っていて、疲れは抜けた印象です。明日少し時計を出してみる予定です」


(14/05/08付けクラブコメント)
(須貝厩舎)
坂路にて追い切り。
 坂路 56.6-41.7-26.9-13.3 馬なり
須貝調教師「4F56~59秒の間でと指示を出したので、予定通りの追い切りができました。馬にもストレスをかけることなく走らせることができたと思います。相変わらず息の入りが早く、追い切りをしたとは思えないほどです。これまでで一番順調な過程でこれていて馬の成長を感じます」


(14/05/14付けクラブコメント)
(須貝厩舎)
坂路にて併せ馬で追い切り。
 福永 52.9-38.7-25.6-13.2 馬なり 先行
 外ローブティサージュ一杯と併せで0.2秒先着
福永騎手「最初は気難しい面を見せていましたが、すぐに落ち着きました。とても乗りやすい馬ですね。今日も重い馬場でしたが、それを全然感じさせない走りでした。今日初めて跨りましたし、サッと上がってきただけですが、先生からは53秒くらいでと言われていたので、ちょうど良い追い切りができたと思います」



 先週末にオークスの登録がありましたが、リヴェールはそちらに登録もせず、ダービーだけを見据えて勝負を挑みます。
 府中遠征という事で、馬体の維持が最大の鍵となりますが、陣営の工夫で何とか維持している状態で、過去山元トレセン→栗東TC移動で20kg大幅に減った事を考慮しますと、もう少しフックラした状態で輸送を迎えてもらいたいですね。

 ただ調教の動きは良く、5/14(水)も坂路で52.9秒を馬なりで計時していますし、仕上がりに関してはほぼ万全の状態で本番を迎えられそうです。あとは少なくとも前走と同じか、少しプラス体重で出走してくれることを願っています。


 さて2週前追い切りという事でスポーツ紙にも載っていますが、web版では同じくダービーに出走する愛馬・イスラボニータよりも取り上げられた記事が多いように思います。

・リヴェール絶好「まじで!?」/ダービー (byニッカンスポーツ)
・【ダービー】リヴェール福永と初制覇へ (byデイリースポーツ)
・【ダービー2週前追い】牝馬レッドリヴェール 福永「乗りやすい馬」 (byスポニチアネックス)
・【凱旋門賞】ジャスタウェイ、ゴールドシップなど日本馬6頭登録 (byスポニチアネックス)

 以前にも書きましたが、正直ダービーでの乗り替わりは歓迎していません。。。ただ決まった限りはただただ応援するのみですし、愛馬・イスラボニータとともにお互い良い走りが出来ることを願っています。

■東サラから手紙が。。。

 皐月賞後は色々と立て込んでいまして、土曜も仕事で忙殺。。。ふとひと息ついた時には、皐月賞の感動を思い出して感傷に耽り、我に返ってまた仕事…の繰り返し。皐月賞と仕事で精根尽き果てた状態なのか、まだ疲労が抜けていません(>_<)。
 すみませんが、皐月賞観戦記に手が付いておらず、遅れてしまいますm(_ _)m。

 そうこうしている間に、社台からは今年の1歳馬募集の案内&牧場別リストが到着したものの、最も重要視していた元愛馬の初仔や、気になっていた仔の募集は無し…orz。
 元愛馬の兄弟絡みとしては、東サラのレッドスピリッツの妹であるドメーヌの13(父ハーツクライ、社台TC募集)がいるくらいで、愛馬イスラボニータの弟(イスラコジーンの13、父ハーツクライ)も選考で落とされたのか募集されなかったですね。まあ本格的な検討はカタログやDVDを見てからとなりそうです。


 そして本題ですが、土曜仕事から戻ってくると、東サラから封筒が。。。中の手紙を見ますと、「会員各位 レッドリヴェール号の今後の出走予定について」とのタイトルで以下の方針が記載されていました。

(1)ローテーションを検討した結果、賞金面、潜在能力、また1週間でも長く体力充填に充てられる東京優駿(日本ダービー)への出走を決意。

(2)なお同レース(東京優駿)の鞍上には福永祐一騎手をお迎えすることも併せて決定。オークス3勝、阪神JF3勝、桜花賞2勝と牝馬とは非常に良く手が合い、東京優駿においても2着2回と戴冠まであと一歩の所まで来ている、「現代を代表する名ジョッキー」と申し上げても過言ではない。(←えっ!?)

(3)ダービー後のローテは、そのレース内容と状態次第だが10/5(日)仏・凱旋門賞(G1・芝2400m)に福永騎手騎乗で挑戦させる結論に達した。

(4)凱旋門賞はこの6年間で4頭の牝馬が勝利、うち3頭は斤量面で恩恵のある3歳牝馬であること、欧州適性の高いステイゴールドを父に持つ血統的背景、道悪になることが多いこの時期のロンシャン競馬場にも対応できる重巧者であること、好位をキープできる俊敏性と久々でも動じない精神力など条件が揃っている

(5)鞍上の福永騎手は、海外G1 5勝している経験豊富な国際派で、先を見据えた鞍上交代である。

(6)東京優駿後から凱旋門賞との間に、あくまで馬の状態と相談しながらだがステップレースとして8/24(日)札幌記念(G2・芝2000m)への出走も視野に。その場合は福永騎手に固定して挑む。


 一応仕事から帰ってくる前に、ネットでその噂を「ホンマか!?」と思いつつ見ていましたが、本当に会員には手紙が来て方針が伝えられていたんですね。

 まあリヴェールのダービー挑戦は、桜花賞前に実質的オーナーの山本さんが宣言していた時点でその可能性が高いと思っていましたし、またレッドディザイアの例を見ましても、成績次第で凱旋門賞を目指す事になるのは確実だろうとも思っていましたので、それらの方針自体は想定の範囲内で個人的には驚きは全くありませんし、異論も特にありません。

 上記(4)のように、ステイゴールド産駒の凱旋門賞との相性は良いですし、どんな馬場にも対応できるリヴェールにとっては向く条件だと個人的にも考えていましたので、その点でも合点はいきます。

 ただ予想外だったのは、ダービーから福永騎手への乗り替わり。。。先々の事を見据えた判断(あくまでもクラブコメントでは…)とはいえ、ダービーを乗り替わりで挑んだ場合、成績が非常に厳しいのは周知の事実ですし、またリヴェールとの相性もこれまでのレース振りからは微妙で、もう陣営(というよりオーナーサイド)はダービー自体は諦めた、勝負する気が無いと判断されても仕方がないでしょうね。。。
 百歩譲って凱旋門賞に向けては乗り替わりだとしても、ダービーまではやはり手の内に入れている戸崎騎手で勝負すべきでしたね。オーナサイドの強い意向に、厩舎サイドも抗しきれなかったというところでしょうか。。。

 あとステップレースとして、仏・ヴェルメイユ賞など現地のレースではなく、札幌記念を視野に入れているのも、色々と物議を醸しそうですね。。。


 個人的にはオークスへ向かってハープとの決着をつけてもらいたかったのですが、まあ決まってしまったものは仕方がありませんし、そもそも一口馬主には当然ながら口を出す権限は一切ありませんから、私としては出走が決まったらただだた精一杯応援するのみです。

 これで順調に行ければ、東京優駿、いわゆる日本ダービーに皐月賞馬・イスラボニータと阪神JF馬・レッドリヴェールのG1馬同士の対決、しかも個人的には愛馬2頭が直接対決という、最高の大舞台でとんでもない勝負が実現しそうです。

 この最高の大舞台での勝負を、個人的に当日現地に観に行けないので一生後悔することになりそうです(大泣き)。
 色々と複雑な想いはありますが、レッドリヴェール、イスラボニータともにG1制覇をプレゼントしてくれた素晴らしい愛馬ですし、今はともに良い状態で、そしてそれぞれの能力を存分に発揮してもらい、一生に一度の夢舞台で最高の走りを見せてくれることを心より願っています。

■4/13(日)阪神11R 3歳OP 桜花賞(G1) 芝1600m戦(外回り・国際・指定・牝馬限定戦)に6枠12番から出走します(レッドリヴェール)

 レッドリヴェールは、4/13(日)阪神11R 3歳OP 桜花賞(G1) 芝1600m戦(外回り・国際・指定・牝馬限定戦)に戸崎圭太騎手(55kg)で、フルゲート16頭立ての6枠12番から出走します。


 去年の2歳女王が、G1の桜花賞から始動します。
 次を見据えた予定通りのローテとはいえ、常識的には阪神JFからトライアルを叩かず桜花賞にぶっつけで使うのは、過去の結果が示すように非常に厳しいローテーションとなります。

 馬体重も、調教後に発表された馬体重では422kgと、前走時より+4kgで休み明けの割にはそこまで増えていません。。。
 まあ今週初めの416kgよりは調教をこなしても増えてきているのは好材料ですし、血統的にはステイゴールド産駒で、これまでの経験からも小さいのは余りマイナスにはなりませんからね。
 調教量としては、正直あと1,2本追い切りがほしいところですが、何とか最低限の出走態勢は整ったかと思いますし、阪神JFでも札幌2歳Sのダメージが残って状態が悪い中でも優勝したリヴェールの底力に望みをつなぎたいと思います。


 さて前日の前売りオッズ終了時点では、リヴェールは単勝7.8倍の2番人気に支持されています。1番人気が単勝1.3倍と圧倒的人気を集めていますし、2番人気とはいえ結構気楽な立場で挑めそうですね。
 ローテから来る周囲の不安をよそに陣営からは、
「間隔は空いているが具合はいい」
「どんなレースにも対応できる」
「瞬発力勝負なら負けないくらいの気持ちでいるから切れ味を活かす競馬をしてほしい」
強気のコメントを出されていますが、それが本当であることを願いたいですね。


 リヴェールは、明日牝馬クラシックの第一弾、桜花賞に出走します。

 一応口取りの権利を申し込んでみましたが、見事に抽選は外れていました(苦笑)。口数売れてかつ上位人気馬は中々権利が取れないクラブになりましたねぇ~。

 さてリヴェールにとりまして今回は休み明け、馬体の維持に苦心した調整での臨戦過程など、非常に厳しい条件での戦いとなりますが、能力はかなりのものを秘めていますので、力を発揮して好勝負してくれることを、そして次の大舞台へつながる走りが出来ることを願っています。


 愛馬の初牝馬クラシック挑戦ということで、とても感慨深いですね(嬉し涙)。まあここは圧倒的人気馬もいますし、気負わずあたたかい目で見守るように応援したいと思います。

 さあ行こう、うら若き牝馬が集いし仁川の夢舞台へ!
 頑張れ、レッドリヴェール!

■3/9(水)坂路コースで一杯に追い切られました(レッドリヴェール)

 レッドリヴェールは東京TC公式HPによりますと、この中間も桜花賞を目標に調整が進んでおり、3/9(水)坂路コースで一杯に追い切られました。

(14/04/09付けクラブコメント)
(須貝厩舎)
坂路にて併せ馬で追い切り。
 52.9-38.4-25.0-12.3 一杯 追走
 内ローブティサージュ一杯に0.3秒先着
荻野騎手「初めて乗せてもらいましたが、跨っていても小さく感じませんし、乗りやすくとてもバランスの良い馬です。だから小さい体でも、札幌2歳Sのような不良馬場に対応できるのだと思います。今日は後ろから追走する形でしたが、いつでもかわせる手ごたえで、余裕をもって前を見ていました。追い出してからも瞬時に反応してくれましたし、手前を変えてからの一瞬のキレがすごく、さすがGⅠホースだと感じました。最後ステッキを入れましたが、余裕はまだまだ残っていて目一杯というわけではありません。上がってきてすぐに息も入りましたし、気の入りも良いタイプ。久々ですが、仕上がっていると思います」
※4/13日(日)阪神11R・桜花賞(牝・GⅠ)芝1600mに戸崎騎手で出走予定。



 昨年末の阪神JF優勝後は、馬体面を考慮してトライアルを使わず、桜花賞へ直行するローテーションを選択しました。

 ただ山元トレセンからの輸送だけで20㎏以上減り、この中間も馬体の維持にかなり苦心している印象です。。。実際今週の追い切り前の記事では、416kgと細かった前走より更に2kg減った状態だということで、これで追い切り+阪神への輸送を考慮しますと、状態を維持できるのか正直不安が残ります。。。

 常識的には阪神JF⇒桜花賞直行のローテでも厳しいですし、更にそのローテを選択した最大の要素となった、馬体の維持すら微妙な状況ですので、相手云々よりも自分との戦いになりそうです。
 このような厳しい状況ですが、須貝先生は意外と強気のコメントを出されていますし、後は常識外れのリヴェールの底力に期待するしかありませんね。

 元々はマイルというタイプでは無く、もっと距離が伸びて真価を発揮するタイプだと思いますし、ここはG1ながらも次へ向けての叩き台という位置付けになりそうですが、実質的なオーナーからの「ダービー挑戦」との発言を実現するためには厳しい条件でも最低限恰好をつけないと挑戦とはならないかと思います。

 もちろん力を発揮できればここでも十分好勝負可能ですし、今は少しでも良い状態で出走出来ることを願っています。

■12/8(日)阪神11R 2歳OP 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI) 芝1600m戦(外回り・国際・指定・牝馬限定戦)は1着となりました(レッドリヴェール)

 レッドリヴェールは、先週末12/8(日)阪神11R 2歳OP 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI) 芝1600m戦(外回り・国際・指定・牝馬限定戦)に戸崎圭太騎手(54kg)で、フルゲート18頭立ての4枠8番から出走し、2着馬にハナ差競り勝って1着となりました。
 鞍上の戸崎圭太騎手はJRA移籍後で初のG1勝利、また須貝調教師は昨年に続き2年連続で阪神JFの勝利となりました。


 この日は仕事で現地応援どころか、TVやラジオなどリアルタイムでレースを観たり聴いたりする事も出来ず。。。夜遅くに仕事から解放されて携帯を見ますと、多くお祝いメールを頂戴しまして、リヴェールのG1制覇を知ることができました(^_^:。
 改めまして、お祝いメールやコメントを頂いた皆様、どうもありがとうございましたm(_ _)m。

 帰ってからレース映像(録画していたみんなのKEIBAとJRA-VAN映像)を何度も見て、感動のあまり時折涙腺が緩みつつ、G1制覇の余韻に思いっきり浸っていました(T-T)。


 振り返ってみますと、まず馬体重は木曜発表時とあまり変わらず、前走比-8kgの418kgと休み明けなのに小柄なリヴェールにとっては大きく減った状態で、かつ過去最低馬体重での出走。。。

 帰厩前の山元トレセンでは442kgまでフックラしていましたが、栗東TCへの移動と飼い葉食いの細さから馬体が細くなり、いきなり追い切りを控えざるを得ないという状況に。。。
 その後も馬体維持を図りつつの苦心の調整となりましたが、結局回復しきれず、また追い切りの時計も詰め切れず、動きも万全とは言えない状態のまま本番を迎えることになりました。

 元々細身の馬体ですが、馬体重が示す通りパドックでもさすがにギリギリに見えましたね。。。また久々もあってか結構きつく入れ込んでいましたが、まあそこはステイゴールド産駒ですし、大人しい方がかえって不安になるタイプですので、こちらはまだ許容範囲のはず…だと思い込むようにしました(笑)。
 馬体重やパドックでの雰囲気が示す通り、さすがに万全の状態には程遠く、結果的にはよくこの状態で勝てたなぁ…と、リヴェールの底力の凄さに改めて感服しました。


 さてレースでは、前走と違いスムーズにゲートを出て、スタート直後は4、5番手あたりと好位をうかがえるポジションに。そして流れが速いと見るや、無理に先行せずスッと控えてポジションを下げ、3コーナーに入る時には8、9番手付近を追走。折り合いはついてスムーズに運べているように見えました。

 直線を向いた時に、最初に見たみんなのKEIBA版の映像ではリヴェールが躓いてヨレてしまうのを見て、結果を知っていても一瞬ヒヤッとしましたが、すぐに立て直してホッと一安心。。。
 先頭集団が壁になり前の進路が塞がった状況を見て、残り300mあたりで戸崎騎手が外に持ち出して前が開けたコースへ。そして内をすくってポジションを上げて来たきたハープとほぼ並んだ位置まで溜めてから、前の馬を捉えに行くために坂下付近から早めに追い出しへ。

 直線の坂でも力強く伸びて来て、前で粘るフォーエバーモアとホウライアキコを捉えに行き、フォーエバーモアを捕まえようとした所で、その間からハープが割り込む!

 ゴール直前での勢いはハープにありましたが、リヴェールはゴール板の所で勝負根性を発揮し全身を伸ばして
どちらが勝ったか判別できず。。。


 勝負はかなり際どく見えましたが、みんなのKEIBA版では関テレの大橋アナがまるでハープが勝ったと断定したような実況とハープだけをフォーカスした映像が流れて、ゴール直後リヴェールの名前は一言も触れられていませんでしたね(苦笑)。
 しかし場内のスロー映像が流れてから、リヴェールが先着したかもという感じになり「しまった」と思ったのか、それから徐々にリヴェールの名前を出していて映像もリヴェール中心に切り替わり、アナウンサーとスタッフサイドの慌てようが手に取るように浮かびました(笑)。
 ちなみに戸崎騎手の優勝インタビュー時に流れたゴール前のスロー映像も、ほとんどハープしか映ってませんでしたね~(笑)。

 写真判定の結果、リヴェールは首の上げ下げを制し、わずか5cm差で凌ぎ切り嬉しいG1初制覇となりました!


 いや~、本当に素晴らしい勝負根性ですね(^_^;。

 能力はハープスターにも引けを取らないと思っていましたが、さすがに休み明けで、それなのに馬体が回復してない…という正直6分の厳しい出来。。。また本質的に距離不足の条件の中、古馬のような完成度の高い馬を相手に素質と勝負根性だけで競り勝ってくれたのは、もう素晴らしいの一言しか出てきませんね~。

 またレースはスムーズに運べたように見えましたが、鞍上の戸崎騎手は「自分のミスで仕掛けるタイミングが早くなってしまった」と悔やんでいたようですね。
 まぁあの状況では、後ろから他に来るか判らなかった以上、前を行く相手を捕まえに行くしかありませんでしたし、それ以外は上手く流れに乗った騎乗だったと思います。

 臨戦過程、仕上がり具合、鞍上の乗り替わりなど、能力以外は相手に比べて不利な条件ばかりが揃っていましたが、それらの逆境を跳ね返して、阪神JF史上最高のメンバーが揃ったと言われる中で優勝したのは本当に凄い事です。
 リヴェールの快挙を、心より讃えたいと思います。


 今年2歳世代で最初の新馬勝ちと一番星になったリヴェールが、年末にはG1という一番星を獲得してくれました♪

 個人的にもG1初制覇となり、2008年11月に最初の愛馬初出走から約5年掛かって、ようやくG1タイトルに手が届きました(涙)。

 一方では新潟2歳Sの件もあり、「江戸の敵を長崎で討った」、そういった心境でもありますね(^_^;。まあこの場合は、「新潟の敵を阪神で討った!」という表現にでもなりますかね(笑)。

 唯一悔いが残る点としては、関東転厩前の地元・阪神競馬場で、新馬戦も阪神JFも両方観れなかったことですね…(大泣き)。
 前のまま関西在住なら、必ず観に行っていただけに、ほんともうガックシですよ…_| ̄|○

 でもそんな悔しい思いをさせてくれるほど、素晴らしい走りを見せてもらえましたし、それだけでも良しとしないといけないですね(^_^;。


 来年もハープを筆頭に強い相手との戦いになりますが、リヴェール自身はまだ心身ともに幼く成長途上で、今後の伸びしろはかなり大きいでしょう。
 本当に身が入って良くなるのは来年以降ですし、今週放牧される山元トレセンでじっくり疲れを癒してから素質の高さを更に磨いて、来年の牝馬クラシックでも活躍してくれることを願っています。
(12/12朝追記:一部スポーツ紙の情報では須貝調教師のコメントで「オーナーサイドとの相談になるが、牡馬相手に持っていってもいい。選択肢は広がった」との事で、ダービー参戦も視野に入っているとのこと。)

 最後になりましたが、関係者の皆様おめでとうございました。
 そして何より、JRA重賞初制覇、そしてG1初制覇をプレゼントしてくれたリヴェールに、ありがとう&おめでとうございました!
 

■12/8(日)阪神11R 2歳OP 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI) 芝1600m戦(外回り・国際・指定・牝馬限定戦)に4枠8番から出走します(レッドリヴェール)

 レッドリヴェールは、明日12/8(日)阪神11R 2歳OP 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI) 芝1600m戦(外回り・国際・指定・牝馬限定戦)に戸崎圭太騎手(54kg)で、フルゲート18頭立ての4枠8番から出走します。


 札幌2歳Sでの重賞勝ち以来となる、約3か月ぶりのレースとなりますが、初G1挑戦という事で力が入る一戦となります。

 能力的にはここでも全くひけを取りませんが、さすがに久々のレースで、それ以上に臨戦過程として馬体減りで調整が軽く(調教後の馬体重は前走比-10kgの416kg…)、万全とは言えない状態での出走となり不安材料は多分にあります。。。

 あと新馬戦では、今回と同条件の阪神・芝1600m戦で勝ち上がっていますが、本質的には桜花賞よりもオークス向きでもっと距離があった方がより力が発揮できるタイプと思いますし、ここはやや距離不足の感があります。

 もちろん新馬戦では、直線坂のあるコースで上がり3F 33.3秒という素晴らしい末脚を見せていますし、それもデビュー予定を3週前倒しするという仕上がり不足の状態のもので能力の高さを示していますし、ここでも力を発揮できれば十分好勝負は可能と思います。
 後はレベルの高い純粋なマイラーがいる中で、どういったレースを見せてくれるか楽しみですね。


 さて前売りオッズでは、単勝4番人気の14倍前後と思った以上に人気を落としています。

 人気が集中する相手が居ますし、リヴェール自身も休み明けの臨戦過程と馬体減りの不安からここまで人気が下がっていると思います。
 まぁそのあたりは仕方がありませんし、その低評価を覆す走りを見せてもらいたいですね。


 明日、いよいよリヴェールが初のG1挑戦を迎えます。

 メンバー中2番目に馬体重が軽い小柄な牝馬ですが、そこはステイゴールド産駒で百も承知ですし、身体は小さくとも泥んこの不良馬場でも諦めず力強く走り続ける勝負根性があり、また秘めた力はとても大きいものを持っています。

 約3か月ぶりの休み明けでぶっつけのG1挑戦、本質的に芝1600m戦は距離不足、また馬体減りに苦心しながらの調整で万全の状態を望めないという厳しい条件ですが、このメンバーでも秘める能力は上位ですし、まずは無事に、そして来年の大舞台につながる良いレースを見せてくれることを願っています。


 こちらも仕事の都合で現地応援は叶いませんが(涙)、遠くからですが好勝負してくれることを信じて、心の中で声援を送りたいと思います。


 頑張れ、レッドリヴェール!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

watachan

Author:watachan
ブログタイトル:栄光と挫折の狭間で ~一口馬主初心者のひとり言日記~

一口馬主としてひっそりと愛馬を応援するブログです。
(2007年に社台/サンデーTCに入会、2009年末に東京TCに入会しました)

<注意!>
社台サラブレッドクラブ様、サンデーサラブレッドクラブ様、及び東京サラブレッドクラブ様のご好意により、記事・写真の引用/転載の許可をいただいております。
本日記内容の無断転載・複製を禁じます。


※馬齢表記は2013年時点で表示しています。

<2013-05-18現在の愛馬>
◎全体戦績累計
159戦[26-27-14-9-8-75]
[1着-2着-3着-4着-5着-着外]

・勝率  :16.35% (26/159)
・連対率 :33.33% (53/159)
・複勝率 :42.14% (67/159)
・掲示板率:52.83% (84/159)

 全現役出資馬(計13頭)
 4歳 牡馬:1頭、牝馬:2頭
 3歳 牡馬:3頭、牝馬:5頭
  2歳 牡馬:4頭、牝馬:1頭


<クラブ別戦績/現役出資馬>

○社台TC愛馬戦績累計
戦績:[8-12-7-0-4-24]
 社台TC現役出資馬
 3歳 牝馬:1頭
 2歳 牡馬:1頭
 (馬主:社台RH)


☆ウインドクラスト 牝3
(ウィンドサイレンスの10)
欧字馬名:Wind Crust
意味:強い風により雪が固く凝固したもの
父 :スペシャルウィーク
母父:A.P.Indy
生年月日:2010/01/26生
生産:社台ファーム
馬主:社台RH
戦績:[1-1-2-0-1-1]500万下
所属:栗東 松元茂樹厩舎
滞在先:グリーンウッド
前走:
次走:未定
近況:
(馬体重:432kg@10/13時点)

★イスラボニータ 牡2
(イスラコジーンの11)
欧字馬名:Isla Bonita
意味:美しい島(西)
父 :フジキセキ
母父:Cozzene
生年月日:2011/05/21生
生産:白老ファーム
馬主:社台RH
戦績:[0-0-0-0-0-0]新馬
所属:美浦 栗田博憲厩舎
滞在先:美浦TC
次走:6/2(日)東京5R 2歳新馬 芝1600m戦に蛯名騎手で出走・デビュー予定。
近況:
(馬体重:468kg@4/13時点)


○サンデーTC愛馬戦績累計
戦績:[0-0-1-1-0-9]
サンデーTC現役出資馬
 3歳 牝馬:1頭
 2歳 牡馬:1頭
(馬主:サンデーR)


☆レイヌドネージュ 牝3
(イルネージュの10)
欧字馬名:Reine de Neige
意味:雪の女王(仏)
父 :フジキセキ
母父:トニービン
生年月日:2010/03/23生
生産:追分ファーム
馬主:サンデーR
戦績:[0-0-1-0-0-4]未勝利
所属:美浦 菊沢隆徳厩舎
滞在先:美浦TC
前走:
次走:未定
近況:
(馬体重:487kg@4/27時点)

★ツィンクルソード 牡2
(ツィンクルブライドの11)
欧字馬名:Twinkle Sword
意味:輝く剣(英)
父 :デュランダル
母父:Lyphard
生年月日:2011/03/25生
生産:ノーザンF
馬主:サンデーR
戦績:[0-0-0-0-0-0]新馬
所属:栗東 松永昌博厩舎
滞在先:栗東TC
次走:6/2(日)阪神5R 2歳新馬 芝1200m戦もしくは6/8(土)阪神5R 2歳新馬 芝1200m戦(混合戦)に福永騎手で出走・デビュー予定。
近況:
(馬体重:506kg@4/5時点)



○東京TC愛馬戦績累計
戦績:[18-15-6-8-4-41]
東京TC現役出資馬
4歳 牡馬:1頭、牝馬:2頭
3歳 牡馬:3頭、牝馬:3頭
2歳 牡馬:2頭、牝馬:1頭
(馬主:東京HR)


☆レッドクラウディア 牝4
(シェアザストーリー09)
欧字馬名:Red Claudia
意味:冠名+人名
父 :アグネスタキオン
母父:コマンダーインチーフ
生年月日:2009/04/04生
生産:ノーザンファーム
馬主:東京HR
戦績:[4-2-2-1-0-2]OP
所属:栗東 石坂正厩舎
滞在先:NFしがらき
前走:4/3(水)船橋11R 3歳上オープン マリーンカップ(JpnIII) ダート1600m戦(別定・牝馬限定戦)に内田博幸騎手で出走し2着
次走:7/3(水)川崎11R 3歳上オープン スパーキングレディカップ(JpnIII) ダート1600m戦(別定・牝馬限定戦)を目指す予定
近況:
(馬体重:476kg@7/4時点)

★レッドバビロン 牡4
(マニエラ09)
欧字馬名:Red Babylon
意味:冠名+レゲエのパトワ語で「権力を持つ者」
父 :ネオユニヴァース
母父:フォーティナイナー
生年月日:2009/04/30生
生産:社台F
馬主:東京RH
戦績:[1-1-0-0-1-8]500万下
所属:栗東 角居勝彦厩舎
滞在先:グリーンウッド
前走:
次走:未定
近況:
(馬体重:496kg@11/18時点)

☆レッドガナドーラ 牝4
(ゾフィー09)
欧字馬名:Red Ganadora
意味:冠名+勝利者(西)。
父 :バーナーディニ
母父:Hawkster
生年月日:2009/01/15生
生産:アメリカ
馬主:東京HR
戦績:[2-1-0-0-0-2] C2
(内大井)[2-0-0-0-0-0]
所属:美浦 国枝栄厩舎
⇒大井 荒山勝徳厩舎
⇒美浦 国枝栄厩舎
滞在先:ミホ分場
前走:
次走:未定
近況:
(馬体重:522kg@9/22時点)
6/30:520kg、5/31:528kg、

☆レッドセイリング 牝3
(チャールストンハーバー10)
欧字馬名:Red Sailing
意味:冠名+出航、航海。
父 :ゼンノロブロイ
母父:Grindstone
生年月日:2010/03/01生
生産:ノーザンファーム
馬主:東京HR
戦績:[1-0-0-0-0-1]500万下
所属:栗東 藤原英昭厩舎
滞在先:栗東TC
前走:
次走:未定
近況:
(馬体重:529kg@9/14時点)

☆レッドジゼル 牝3
(スタイルリスティック10)
欧字馬名:Red Giselle
意味:冠名+バレエ音楽
父 :アグネスタキオン
母父:Storm Cat
生年月日:2010/03/13生
生産:ノーザンファーム
馬主:東京HR
戦績:[2-1-0-2-1-0]OP
所属:栗東 笹田和秀厩舎
滞在先:NFしがらき
前走:
次走:未定
近況:

★レッドサクセサー 牡3
(オールザチャット10)
欧字馬名:Red Successor
意味:冠名+後継者。
父 :シンボリクリスエス
母父:Westminster
生年月日:2010/05/04生
生産:坂東牧場
馬主:東京RH
戦績:[1-3-0-0-1-1]未勝利
所属:栗東 角居勝彦厩舎
滞在先:アカデミー
前走:
次走:未定
近況:
(馬体重:522kg@12/27時点)

★レッドフェンサー 牡3
(マジックコード10)
欧字馬名:Red Fencer
意味:冠名+剣士、剣客。
父 :デュランダル
母父:Lost Code
生年月日:2010/04/10生
生産:社台ファーム
馬主:東京RH
戦績:[0-0-0-0-0-1]未勝利
所属:栗東 音無秀孝厩舎
滞在先:グリーンウッド
次走:未定
近況:
デビュー戦はタイムオーバーで…
(馬体重:490kg@11/19時点)

★レッドオーディン 牡3
(リンガフランカ10)
欧字馬名:Red Odin
意味:冠名+北欧神話の最高神。
父 :ジャングルポケット
母父:サンデーサイレンス
生年月日:2010/01/24生
生産:ノーザンファーム
馬主:東京RH
戦績:[0-1-0-1-0-0]未勝利
所属:美浦 大竹正博厩舎
滞在先:NF天栄
次走:6/16(日)東京6R 3歳未勝利 芝2400m戦に出走予定
近況:
(馬体重:447kg@11/15時点)

☆レッドサーガ 牝3
(プラウドビューティー10)
欧字馬名:Red Saga
意味:冠名+女神。
父 :アグネスタキオン
母父:Danehill
生年月日:2010/04/19生
生産:社台ファーム
馬主:東京HR
戦績:[0-0-0-0-0-1]未勝利
所属:栗東 石坂正厩舎
滞在先:栗東TC
前走:
次走:未定
近況:
(馬体重:478kg@5/11時点)

★レッドレギオン 牡2
(ダラバンカ11)
欧字馬名:Red Legion
意味:冠名+軍団。
父 :キングカメハメハ
母父:In the Wings
生年月日:2011/02/16生
生産:社台ファーム
馬主:東京RH
戦績:[0-0-0-0-0-0]新馬
所属:美浦 藤沢和雄厩舎
滞在先:美浦TC
前走:
次走:未定
近況:
(馬体重:470kg@5/23時点)

☆レッドリヴェール 牝2
(ディソサード11)
欧字馬名:Red Reveur
意味:冠名+夢見る人(仏)
父 :ステイゴールド
母父:Dixieland Band
生年月日:2011/02/19生
生産:社台ファーム
馬主:東京HR
戦績:[0-0-0-0-0-0]新馬
所属:栗東 須貝尚介厩舎
滞在先:栗東TC
前走:
次走:6/23(日)阪神5R 2歳新馬 芝1800m戦(外回り・混合戦)に岩田騎手で出走・デビュー予定
近況:
(馬体重:441kg@4/25時点)

★レッドグルック 牡2
(クラシカルテースト11)
欧字馬名:Red Gluck
意味:冠名+ドイツの作曲者。
父 :メイショウサムソン
母父:サンデーサイレンス
生年月日:2011/04/26生
生産:社台ファーム
馬主:東京RH
戦績:[0-0-0-0-0-0]新馬
所属:美浦 手塚貴久厩舎
滞在先:美浦TC
前走:
次走:未定
近況:
(馬体重:490kg@5/15時点)



<引退した愛馬達>

<メモリアルホース>
☆ホーカーハリケーン 牝
(ワールウインドの06)
欧字馬名:Hawker Hurricane
意味:英国で設計された戦闘機名
父 :ネオユニヴァース
母父:Leading Counsel
生年月日:2006/02/03生
生産:社台ファーム
馬主:社台RH
全戦績:[4-4-3-0-2-11] 準OP
所属:栗東 加用正厩舎

☆ネヴァーフェイド 牝6
(ティルザリヴァーランズドライの07)
欧字馬名:Never Fade
意味:けっして色あせない
父 :ステイゴールド
母父:Irish River
生年月日:2007/05/12生
生産:白老ファーム
馬主:社台RH
全戦績:[3-7-2-0-1-6]1000万下
所属:栗東 藤岡健一厩舎


★レピュテーション 牡
 (サイエンスアカデミーの06)
 社台RH
 父 :War Chant
 母父:Silver Hawk
 2007/01/17生
 生産:追分ファーム
 全戦績[0-0-0-0-0-0] 引退
 栗東 矢作厩舎
(GW調教中の骨折で引退…)

☆ヴェレンクラフト 牝
 (レイクミードの06) サンデーR
 父 :クロフネ
 母父:ダンスインザダーク
 2006/01/29生
 生産:追分ファーム
 全戦績[0-0-0-0-0-3] 引退
 栗東 浅見秀厩舎
 (地方交流競走でも大敗で…
  名古屋競馬に移りました)

☆レッドマシェリ 牝
 (ダラバンカ07)
 欧字馬名:Red Ma Cherie
 意味:冠名+愛しい人(仏)
 父 :Gone West
 母父:In the Wings
 2007/01/14生
 生産:社台ファーム
 馬主:東京HR
 戦績[0-0-0-0-0-3] 引退
 栗東 藤原英昭厩舎

☆レッドディーヴァ 牝
 (アーティストチョイス08)
 欧字馬名:Red Diva
 意味:冠名+歌姫
 父 :ディープインパクト
 母父:Giant's Causeway
 2008/02/11生
 生産:ノーザンファーム
 馬主:東京RH
全戦績[0-0-0-0-0-0]未出走
 美浦 勢司和浩厩舎

☆スウェージー 牝
(ダンスティルドーンの08)
欧字馬名:Swasey
意味:小惑星の名
父 :フジキセキ
母父:Sadler's Wells
生年月日:2008/01/19生
生産:白老ファーム
馬主:社台RH
全戦績:[0-0-0-0-0-6]未勝利
所属:美浦 尾関和人厩舎

☆レッドシャンデル 牝
(アイアンブリッジ08)
欧字馬名:Red Chandelle
意味:冠名+ローソクの炎(仏)
父 :ネオユニヴァース
母父:トニービン
生年月日:2008/02/23生
生産:新ひだか町上村清志氏
馬主:東京HR
全戦績:[0-0-0-1-0-2]未勝利
所属:栗東 昆貢厩舎

★ソルビアンコ 牡
(ジェシカの08)
欧字馬名:Sole Bianco
意味:白夜の太陽(伊)
父 :クロフネ
母父:トニービン
生年月日:2008/04/24生
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーR
全戦績:[0-0-0-1-0-2]未勝利
所属:栗東 梅田智之厩舎

☆レッドレジーナ 牝
(チケットトゥダンス08)
欧字馬名:Red Regina
意味:冠名+女王(伊)
父 :アグネスタキオン
母父:Sadler's Wells
生年月日:2008/03/07生
生産:社台ファーム
馬主:東京HR
全戦績:[1-0-1-0-0-1]500万下
所属:栗東 藤原英昭厩舎

☆ララルシール 牝
(ラシルフィードの09)
欧字馬名:La La Lucille
意味:ジョージ・ガーシュウィンのブロードウェーデビュー作品名
父 :ジャングルポケット
母父:サンデーサイレンス
生年月日:2009/02/02生
生産:追分ファーム
馬主:社台RH
全戦績:[0-0-0-0-0-0] 未登録
所属:栗東 大久保龍志厩舎

★レッドアンセム 牡3
(インディボールド09)
欧字馬名:Red Anthem
意味:冠名+凱旋歌
父 :リンカーン
母父:A.P.Indy
生年月日:2009/02/05生
生産:社台ファーム
馬主:東京RH
全戦績:[0-0-0-0-0-0]新馬
所属:栗東 音無秀孝厩舎

☆レッドスピリッツ 牝
(ドメーヌ09)
欧字馬名:Red Spirits
意味:冠名+魂
父 :マンハッタンカフェ
母父:Hussonet
生年月日:2009/03/07生
生産:社台ファーム
馬主:東京HR
全戦績:[0-0-0-0-0-1]未勝利
所属:栗東 庄野靖志厩舎
⇒美浦 中川厩舎へ転厩

★レッドブレイゾン 牡4
(タッチフォーゴールド09)
欧字馬名:Red Blazon
意味:冠名+紋章
父 :アグネスタキオン
母父:Mr.Prospector
生年月日:2009/02/10生
生産:社台ファーム
馬主:東京RH
全戦績:[1-1-0-1-0-0]500万下
所属:栗東 橋口弘次郎厩舎

☆レッドデセーオ 牝5
(レミニセントリー08)
欧字馬名:Red Deseo
意味:冠名+欲望(西)
父 :アグネスタキオン
母父:Affirmed
生年月日:2008/02/14生
生産:下河辺牧場
馬主:東京HR
全戦績:[2-5-3-2-1-6]1000万下
   [2-0-0-0-0-1](名古屋)
所属:栗東 庄野靖志厩舎
⇒弥富Tトレセン・角田厩舎
⇒栗東 庄野靖志厩舎

☆レッドマーベル 牝5
(オールザチャットの08)
欧字馬名:Red Marvel
意味:冠名+驚異
父 :シンボリクリスエス
母父:Westminster
生年月日:2008/05/30生
生産:坂東牧場
馬主:東京HR
全戦績:[1-0-0-0-0-12]500万下
所属:栗東 領家政蔵厩舎

最近のトラックバック

カテゴリー

愛馬出走動向


★愛馬出走予定
(出走目標としている日程順)
(2016/06/23時点)


サンデーR アクート 牡3
未勝利
1戦[0-0-0-1-0-0]
・6/25(土)東京4R 3歳未勝利 芝2400m(混合戦)
に☆石川裕紀人騎手(55kg)で出走予定。

ノルマンディー ヴィンセンツイヤー セン5
500万下
19戦[1-1-2-1-0-14]
・7/2(土)福島8R 3歳上500万下 芝1200m(混合戦)
に▲木幡巧也騎手(54kg)で出走予定。

ノルマンディー サビーナクレスタ セン5
500万下
28戦[2-2-4-5-2-13]
・7/3(日)福島12R 3歳上500万下 ダート1150m(混合戦)
に田辺裕信騎手(57kg)で出走予定。

ノルマンディー ピッツネイル 牝5
1000万下/障害OP
28戦[4-0-3-1-1-19]
・7/9(土)福島4R 3歳上障害OP 芝2750m(混合戦)
への出走を目指す予定。

東京RH レッドグルック 牡5
500万下
28戦[1-3-3-5-4-12]
・7/9(土)函館10R 3歳上500万下 八雲特別 芝1800m(混合戦)
に出走予定。

東京RH レッドヴェルサス 牡3
500万下
14戦[1-3-3-4-1-2]
・7/9(土)中京12R 3歳上500万下 ダート1400m(混合戦)
に川田将雅騎手(54kg)で出走予定。

サンデーR シャンタルエット 牝4
500万下
13戦[1-1-0-0-2-9]
・7/16(土)函館7R 3歳上500万下 ダート1700m(牝馬限定戦)
に出走予定。

社台RH イントロダクション 牝5
1600万下
26戦[3-8-3-4-2-6]
・7/16(土)福島11R 3歳上1600万下 安達太良S ダート1800m(混合戦)
を本線に出走予定(その場合の鞍上は横山典弘騎手(55kg))。特別登録は、
・7/9(土)中京11R 3歳上1600万下 白川郷S ダート1800m(混合・ハンデ戦)
から実施する予定。

社台RH シーハリケーン 牡2
OP
2戦[1-0-0-0-0-1]
・7/23(土)中京9R 2歳OP 中京2歳S 芝1600m(混合・別定戦)
に松山弘平騎手(54kg)で出走予定。

社台RH ブライトエピローグ 牝2
未勝利
1戦[0-0-1-0-0-0]
・7/30(土)新潟2R 2歳未勝利 芝1400m(牝馬限定戦)
に戸崎圭太騎手(54kg)で出走予定。

社台RH ナナイロボタン 牝4
1000万下⇒500万下(降級)
9戦[2-1-2-0-0-4]
・7/30(土)新潟8R 3歳上500万下 ダート1200m(牝馬限定戦)
に出走予定。

東京RH レッドリヴェール 牝5
OP
16戦[3-2-0-1-0-10]
・7/31(日)札幌11R 4歳上OP クイーンS(G3) 芝1800m(牝馬限定戦)
を目指す予定。

サンデーR メジャーエンブレム 牝3
OP
7戦[5-1-0-1-0-0]
秋の復帰戦は、
・9/10(土)中山11R 3歳OP 紫苑S(G3) 芝2000m(牝馬限定戦)
を目指す予定。その後はNF天栄への短期放牧を挟んで、
・10/16(日)京都11R 3歳OP 秋華賞(G1) 芝2000m(牝馬限定戦)
を目指す予定。


<<現入厩馬>>
<関西・栗東>
ノルマンディー ラテラルアーク セン5
500万下
23戦[2-1-4-2-1-13]
サンデーR シャンタルエット 牝4
500万下
13戦[1-1-0-0-2-9]
東京RH レッドヴェルサス 牡3
500万下
14戦[1-3-3-4-1-2]
シルク ジュメイラリーフ 牡3
未勝利
3戦[0-0-1-0-1-1]
シルク ディライトクライ 牡3
未勝利
4戦[0-0-0-0-0-4]
ノルマンディー ユメミグサ 牡3
未勝利
7戦[0-0-0-0-0-7]
社台RH シーハリケーン 牡2
OP
2戦[0-0-0-0-0-1]

<関東・美浦>
社台RH イントロダクション 牝5
1600万下
26戦[3-8-3-4-2-6]
ノルマンディー ピッツネイル 牝5
1000万下/障害OP
28戦[4-0-3-1-1-19]
ノルマンディー サビーナクレスタ セン5
500万下
28戦[2-2-4-5-2-13]
ノルマンディー ヴィンセンツイヤー セン5
500万下
19戦[1-1-2-1-0-14]
東京RH レッドグルック 牡5
500万下
28戦[1-3-3-5-4-12]
ノルマンディー ジャストフォーユー 牡4
1000万下
18戦[2-1-4-0-0-11]
ノルマンディー ルグランパントル セン4
1000万下⇒500万下(降級)
15戦[2-2-1-0-0-10]
サンデーR アクート 牡3
未勝利
1戦[0-0-0-1-0-0]
シルク ジョニーハンサム 牡3
未勝利
3戦[0-1-1-0-0-1]


<園田競馬場>
東京RH レッドダニエル 牡5
B1
15戦[1-3-1-1-1-8]


<<放牧中>>
<山元トレセン>
社台RH イスラボニータ 牡5
OP
17戦[6-2-4-0-3-2]
社台RH ブライトエピローグ 牝2
未勝利
1戦[0-0-1-0-0-0]

<ノーザンファーム天栄>
サンデーR メジャーエンブレム 牝3
OP
7戦[5-1-0-1-0-0]
G1レーシング ネバーリグレット 牡3
OP
6戦[2-0-0-1-1-2]

<ノーザンファームしがらき>
サンデーR ツィンクルソード 牡5
1000万下
17戦[3-0-2-1-2-9]
⇒7月の中京後半開催目標
シルク ブロウユアマインド 牡4
500万下
12戦[1-1-1-0-1-8]

<山元トレセン>
東京RH レッドリヴェール 牝5
OP
16戦[3-2-0-1-0-10]

<セグチ千葉RS>
社台RH ナナイロボタン 牝4
1000万下⇒500万下(降級)
9戦[2-1-2-0-0-4]

<宇治田原優駿S>
ノルマンディー ビスカリア 牝4
1000万下⇒500万下(降級)
17戦[2-3-3-1-1-7]
⇒7月の中京開催目標

<松風馬事センター>
ノルマンディー ステイブレイズ 牝5
500万下
18戦[1-0-0-2-0-15]
ノルマンディー エンパイアライン 牝4
未勝利
15戦[0-0-0-2-2-11]

<岡田スタッド>
ノルマンディー マルーンドロップ 牝5
1000万下
27戦[2-3-4-2-1-15]



ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。